黄熊でオオカマキリ

ビオサプの化粧品
日毎暑くて何もやる意思が起きません。建物にエアコンがない事例という、マンションがトタンで覆われている事もその要因だ。日毎窓を全開にして風の音を通そうと思っているのですが何一つ風の音が入ってこなくて元来団扇で風の音を起こしている状態です。昔の人物はこうした環境を当たり前のように過ごして夏季を乗り切っていたのだなと思うと尊敬してしまう。今は買い出しに行けばアルティメットもコンビニエンスストアもエアコンをガンガンに掛けてるので気楽ですが暑いものは暑いだ。今年は書類的猛暑と言っていますから注力症にならないように気を付けないといけません。そうはいっても潤い補給というこまめに風を送るくらいしか技法はありませんが。少なくともごちそうとかは食べやすくてスタミナの引っ付く調理にしたいものです。夏は毎年の事例としていますが今年はキツいですね。ここらで台風も近くに来てくれたらいいんですが。取材はしなくていいだ、あの台風風の音だけほしいだ。台風の風の音って大層手強いので気持ちよくてボクは好きです。降水はいらないので風の音だけ吹いてくれないかな、って自分勝手な想いばかりが募ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です